2018年11月18日

前回の田原本線に行った後,大阪線&奈良線を撮ろうと
一挙両得(笑)の今里駅で軽~く撮影して来ました。 

kin (3)

まずは最古参組に入ります2410系からです。
近鉄の決定版的な車両ですから,製造から半世紀が過ぎても元気に活躍中です。
裾絞りのないストンとしたお顔はベテランの証です。

kin (1)

kin (2)

続いてファンには御馴染みの9200系の9206Fが来ました。
3連から4連へ変更された際に,車体断面が違う車両が入った編成ですね。
折角編成途中の画像も撮ったのに,ブレブレで失敗という大失態・・・(汗)。

kin (5)

京都市営地下鉄乗り入れの3200系も私の好きな車両です。
特に明るい太陽の下で撮影できると更に嬉しいですね~♪

kin (6)

シリーズ21として登場した5800系の派生5820系も完全に定着しましたね。
未来の近鉄車両はみんなこんなデザインになって行くんでしょうか?

kin (4)

2014年から運行されているレトロ塗装車ですが,恥ずかしいながらやっと捕獲です。
1編成しかない割には頻繁に運転されてるので,撮ろうと思えば撮れる筈なのですが
巡り合わせが悪いというか・・・カメラを持って行くと会えない連続でした。
やっと撮れて一安心です。(実はこの後,すぐに被られたんですが・・・)
阪急電車みたいですが,シックな感じが意外とよく似合ってる気がしますね。


・・・という事で次回は特急車両編です




2018年11月11日

先月になりますが近鉄田原本線へ出向いて来ました。
お目当ては例のリバイバル塗装の車両です。

tawara

新王寺駅です。久しぶりに来たのですが駅の様子はあんまり変わってない感じです。
むしろ駅周辺の様子がガラリと変わってて驚きました。まさに浦島太郎状態です・・・

tawara (1)

まず出迎えてくれたのは御馴染み8400系です。いつもの近鉄標準色でした。
そのままガタンゴトンと揺られて,取敢えず交換設備のある箸尾駅で下車しました。

tawara (2)

新王寺行きの電車が来ました。またもや標準色です・・・何だか嫌な予感(汗)。

tawara (3)

ところでこの駅もそうですが,近鉄には結構な数で構内踏切があります。
大阪近郊ではJR・大手私鉄を含め,どんどんと高架化や地下化が進んでますから
こういった構内踏切も都会ではそのうち懐かしい光景になるのかも知れませんね。

tawara (4)

駅で待ってても退屈なので,沿線から撮れないかと駅を出てみました。

tawara (5)

tawara (6)

稲穂や美しい花々とのコラボが撮れましたが,ここで嫌な予感は当った気がしました。
どうやらこの日はリバイバル塗装車は1編成も運行されてないみたいです。

いつもの通り,何も下調べもせずに適当に出掛けるもんですから
こういった事になっちゃいます(汗)。まぁ・・・なってしまったものは仕方ありません。
普段着の車両撮影も嫌いじゃないので(いやむしろこちらがメインです)
そういった日常のワンシーンだと解釈する事にしました(笑)。

tawara (7)

”いつもの” 列車交換を撮影して,じゃぁ本線でも撮るか・・・と移動する事にしました。
期待されていた方には,つまんない報告でスミマセン m(--)m。
 

2018年11月03日

ちょっと間が開きましたが今津線を撮った後,当駅でチョイ鉄しました。

hankyu (1)

7000系の7020Fです。中央扉の窓の高さが左右の窓と同じ高さです。
リニューアルさせると,みんな縦方向に拡大されると思ってました。

7020

形式表記が右側に行っただけでも随分と雰囲気が違う気がします。

hankyu (2)

hankyu (3)

このお顔は現在の阪急車両の主流になりつつあります。
白い鉢巻が無いマルーン一色の車両は神戸線ではとうに全滅しました。

3054


hankyu (4)

こちらの7000系はリニューアルされた時は驚いたもんです。
へぇ~8000系みたいな顔になるんや・・・みたいな。

hankyu (5)

8000系は未だ大きく変化はなさそうです。
新しい阪急の顔としてデビューして,早30年が経ちました。

hankyu (6)

でも8000系のお顔は今でも他の形式に踏襲されてますから
やっぱり決定版と呼べる形式なのかも知れませんね。

hankyu (7)

hankyu (8)

最後は所用で降りた園田駅で1000系を撮ってチョイ鉄完了です。

 

2018年10月20日

前回の阪神電車の撮影の続きで,今津から阪急電車に乗りました。

nisi (1)

nisi (2)

nisi (3)

今津の次の駅,阪神国道駅で降りて撮影しました。
駅名は別に阪神電鉄に関係する訳じゃなく,下を通る国道2号線の通称名が
阪神(大阪と神戸を結ぶ)国道というので,その名前から頂いたものです。
ホームは対向式の2面2線の簡素な作りですが歴史は意外と古く,昭和2年の
開業でして国道を跨ぐ事から最初から高架駅として誕生しています。

nisi (4)

nisi (5)

やって来たのは御馴染み6000系の3両編成です。
阪急では甲陽線と,ここ今津(南)線だけで運用されるミニマム編成ですね。

nisi (6)

以前は支線では未だカン付きの車両が走ってましたが,ここ南線では意外と早くから
幕表示の車両が充当されていました。12年前に偶然にまった同じ番号の車両を
撮影してたのでUPします。ライトの構造以外はこの時から余り変わりませんね。
暫し待つ事数十分・・・。撮影した車両が折り返して来たので乗ります。

nisi (7)

西宮北口駅の今津(南)線ホームの様子です。2010年に高架化されて早8年です。

nisi (8)

nisi (10)

個人的にはこちらの地上ホーム時代の方が印象深いです。
連絡口のコンコースや近くの踏切からこうやってよく撮影したもんです。

nisi (9)

そういえば12年前は未だ駅前は工事(開発)中だったんですね。
ダイヤモンドクロス時代なんて,思い出の彼方になっちゃいました。
今は立派なロータリーがあって,その影すら感じる事が出来ないくらい変貌してます。

 

2018年10月14日

ちょっと開きましたが今回の阪神電鉄撮影記のラストです。
まずは本家阪神から・・・

etc (1)

なんば線開業時に登場した1000系も既に定着した感があります。
最初見た時は 「ステンで来ましたか!」 と軽い衝撃を受けたもんです。

2008.03.21 (64)

4両編成で運行されていた西大阪線時代が懐かしいです。

etc (2)

こちらは新鋭(・・・と言っても3年前ですが)5700系です。
平成の時代から新時代へと受継ぐ新しい阪神のスタイルになりそうですね。
今後はこの ”お顔” で各形式が増備されるんでしょうか?

etc (4)

お次は近鉄車両から。まさか近鉄車両が阪神本線で見れる様になったとは・・・
と思ったものですが,今ではこの光景も当たり前になっています。
LCカー仕様ですがロングシートでの使用の限定になっています。

etc (3)

こちらは近鉄の新しい顔,いわゆるシリーズ21と呼ばれる形式群です。
私は万年ビギナーですので,お顔に形式名がないと何系か解りません(汗)。
近鉄もこのシリーズが増殖するのかな?と思ってましたけど,意外に増えてない感じです。

etc (5)

最後は長年のパートナーである山陽電鉄から・・・。
いぶし銀の車体が特徴の5000系にも遂に後継者が現れましたが
阪神間をカッ飛ばす姿は,今も他の特急形式と全然ヒケを取りません。
貴重なクロスシート専用車になってしまったのが個人的には残念ですけど・・・

etc (6)

その後継者である6000系です。以前の更新の時にも書きましたけど
まさかロングシート仕様だとは思ってなかったので,初見の際は驚きました。
でも外観は先輩の5000系を踏襲した感じがあるので好感が持てますね。

時代と共に色んな物が移り行くのは世の常なのですが
長い事色んな撮影をしてると,自分が齢を食ったんだなぁと実感します(笑)。
古い方が良いとか新しい方が良いとかじゃなくて,リアルタイムでその変遷を
体感できる事が楽しいんだと再認識している所です。御付き合い有難う御座いました。

 

2018年10月08日

5001

元祖ジェットカー5001形はトップナンバーも含め今でも殆どが活躍中です。

5009

5016

5024

5025

5032

驚いたのは,どの編成も車体がピカピカでまるで新車並の綺麗さだった事です。
昔はここまでピカピカじゃなかったと記憶するんですが,会社が阪急と合併したので
阪急車両のメンテなどの姿勢を取り入れたんでしょうかね?(笑)。

阪神電鉄の貴重な鉄道遺産だと思いますから末永く活躍してもらいたいです。
何にせよ古い車両を大事に扱う姿勢は,見てる方も何だか誇らしく思えて来ます。

20180603 069

ただこのLEDライトだけはどうも慣れなくてねぇ?・・・(汗)。




2018年09月27日

8000 (1)

古い編成では登場から35年以上も経過している8000系ですが
2020年9月現在でも一部の編成が元気良く頑張ってます。
8017Fまでの車両はタイプ2と呼ばれ,それまでの8000系から大幅な
マイナーチェンジが行われ,新時代の阪神車両として話題を呼びました。

8000 (2)

こちらはタイプ3と呼ばれる編成。見た目は殆ど変わってない感じです。

8000 (3)

8000 (4)

8000 (5)

1991年に登場したタイプ4は側面窓が連続窓っぽくなりました。
長期間に渡って製造され,これ程のバリエーションが存在する事から
8000系が如何に阪神車両の決定版なのかが窺い知れますね。

さて一部の阪神の株主から,阪神のクセになんでジャイアンツカラーなんだ?
と苦言を呈してる方がいらっしゃると聞きました。そんなに嫌ですかね?。
じゃぁ京急とか名鉄もカープカラーだと文句言うんですかねぇ?(笑)。
電鉄会社もそこまで気にしてなかっただけの話しだと思いますけど,私的には
特に気になる事はないです。やっと定着して来たんですからこれで良いかと・・・。

P5230020

本当は伝統の赤胴車が1番好きでしたけど,阪神淡路大震災を思い出す事から
イメージを一新してカラー変更されたと聞きましたので,これは仕方ないかと・・・。

各会社で新型車両が続々登場して来ている今日この頃・・・
知らないうちに8000系も古株になっちゃいました。私としてはいつまでも
このお顔の阪神電車が見れる事を願いたいものです。8000系好きですから。

8000 (6)

異端児君も元気に走ってたのでちょっと嬉しいです♪
往年の2000系を思い出しますね。




2018年09月22日

オヒサです。YANチョで御座います。
暑過ぎる夏がやっと過ぎたので先日,阪神を撮影に行きました。
天候不順もあって伸び伸びになってたのもあるんですが・・・ 

5501

5502

5505

5506

随分と遅ればせながら・・・ですが,やっと撮れましたリニューアル編成。
なんば線の9000系のカラー変更は然程,違和感を感じなかったんですが
こちらは5700系に準じた塗装だそうで,えらいイメージが変わります。
ブルーの占める割合が増えて,個人的には良く似合ってるかと・・・。

5516

5514

元のカラーリング・・・つまり未更新車も未だ未だ健在です。
長い事,見慣れたカラーリングですから,これはこれで嫌いじゃありません。
ニュージェットカーって印象が強いカラーリングでしたけどね?

ところでこの5514Fですが,綺麗好きな阪神にしてはエライ車体が汚れてます。
もうすぐ更新が近いんでしょうかね?珍しいと言えば珍しいかな(笑)。

20180918 020

20180918 021

20180918 039

20180918 027

ところでこの鳴尾駅ですが,高架化されて初めて降りてみました。
何だかお洒落なデザインの駅になってて驚きです。
女子大生が多いのでオッサンには肩身の狭い駅です(笑)。

暫く阪神を小出しして行きます。よろしく。
 

2018年08月13日

・・・という事で後編に参ります。

sunyo (1)

sunyo (2)

sunyo (3)

sunyo (4)

山陽姫路駅でキャッチした新鋭(・・・とっ言っても2ヶ月前ですが)6000系です。
御恥ずかしい話しですが,私は間近で6000系を見るのは初めてでした。また
詳しいスペックとかの知識もなかったので,てっきり特急型の新型かと思ってまして
車内を見てビックリ・・・何とオールロングシート仕様じゃないですか?

sunyo (6)

それもその筈,老朽化した3000系の置き換えで登場した新型車両なので
ロングシートは当たり前ですよね?(笑)。直特の運用があったからてっきり・・・です。

sunyo (7)

sunyo (12)

sunyo (11)

その後は支線の山陽網干駅まで出向いて行きました。
JRと違って支線の終点と言った雰囲気が漂う小ぢんまりとした駅です。
実は8年ほど前にも降り立ったのですが,当時とまったく変わってませんでした。

sunyo (10)

sunyo (9)

sunyo (5)

sunyo (8)

さて飾磨駅へ戻ろうとホームで待ってると,やって来たのは6000系でした。
今度は基本編成の3両です。この時点で特急専用車じゃないのに気付いたと言う訳・・・。

今回の山陽電鉄は非鉄の友人と一緒でしたので,余り粘る事も出来ないので
このまま飾磨駅から直特で帰りました。従ってここで山陽電鉄撮影はオワリです。
まぁ自分としては下見がてらに行った様なもんでしたから,また改めて1人で
ジックリと撮影したいと思います。短い特集でしたが御付き合い有難う御座いました。




2018年08月12日

お久しぶりです。相変わらずの酷暑が続いてますが皆さん如何でしょうか?
先日,阪神・山陽の1DAYチケットを頂いたので撮影に出掛けました。
やっぱり猛烈に暑かったので駅撮りが主で情けない次第ですが・・・

sun (1)

sun (2)

まずはいきなり須磨浦公園駅までスッ飛びます。
炎暑ですが広々とした海を見ると,何故かちょっと嬉しくなります。

sun (4)

sun (3)

”THE昭和” 感満載の案内看板(笑)。
ここ須磨浦公園駅は,ずっと昔に来た時と殆ど変わってませんでした。
夏休みなので家族連れでロープウェイに乗って山上まで行く光景も御馴染みです。

sun (5)

さてボッーとしてると,通過の案内アナウンスが流れます。
まずやって来たのは山陽電鉄の老舗特急5000系です。
新車の導入で流石に少々クタビレタ感は否めませんが,それでも風格たっぷりです。
疾風の如く通過して行きました。

sun (6)

sun (7)

sun (8)

次にやって来たのはアルミ車仕様の3100系トップナンバーです。
姫路側には貴重な明灰色のニセアルミカー(笑)が連結されてました。

sun (16)

次は東二見駅で降りる筈が,間違えて隣りの西二見駅に降りてしまった絵面(笑)。
まずは複雑な3000系列の中から3050系の登場です。
この3066Fは1981年に製造されたので現在37歳のベテランです。

sun (15)

反対側のホームにはこれまた3050系のアルミ車です。
他にも阪神を始め沢山の車両がやって来てましたが,特に意識もせずに
撮っていたので元祖3000系を撮り損ねてしまってました・・・。
まぁまた来れば良いだけの話しなんですけどね(笑)。

後編では新型車両を中心に報告させて頂きます。

 

2018年07月21日

日本中の殆どで気温の高い状態が続いています。
気象庁も政府も公言してませんが,これは明らかに異常気象です。
こんな気象環境って,どう考えても普通じゃないですよ?。
もうあまり楽観視したり甘く見たりしない方が良いでしょう。

実は私も今月の17日に生まれて初めて熱中症になりました。
前日に長時間屋外に居た事や(気温は37。5℃),それ也に疲れてた
事もあってか朝から体がダルかったのですが,昼過ぎに突然の頭痛と
両足のふくらはぎが,つってしまうという大変な事態になりました。
そのうちに手の先が痺れるわ,汗が滝の様に吹き出るわで
怖くなって近くの医院に駆け込みました。軽度の熱中症と診断され
点滴を打ってもらってから帰宅しました。これで軽度なの?って感じです。

その後も昨日までズギズキと頭痛が残り,倦怠感に襲われていました。
根っからの汗かきなので,熱中症対策は自分也に万全のつもりだったのに
それでもなってしまうとは,世の中の気温が異常だと言うのを痛感しました。
怖いですよ?本当に甘く見てはイケマセン。

・・・と両親なり周りの友人に伝えたのですが,殆どの人が笑いながら
「お前は大袈裟なんだよ?俺は今まで暑くても何ともないぞ」 とか
「歳だよ。お前も歳食って抵抗力がなくなったのさ」 とか・・・
まともに取り合ってくれません。ならないから大丈夫だという,意味の解らない
根拠や自信があるみたいで,こりゃ言っても駄目だなと思いましたね。
そりゃ確かになって辛いのは本人ですから,他人の心配など余計な
お世話かも知れませんが,マジで辛いですよ?苦しいですよ?・・・

そんな訳でちょっと怖くなって撮影に行けてません。
どんな状況で熱中症になるかも知れませんし,体験してしまうとトラウマになります。
自分は大丈夫と思っても絶対ではありません。色んな事に支障をきたしてしまうので
念には念を入れた方が良いと思いました。無理をなさらず夏を乗り切りましょう。

・・・と言う事で気温が落ち着くまで暫く夏休みとさせて頂きます。
 
P7050001

P6250014



 

2018年07月01日

keisin (10)

keisin (9)

keisin (8)

見慣れた塗装の車両を撮った後に来るのはラッピング車の嵐・・・。
いや兼ねてからウェブなどで見聞きしてはいましたが,実際にまとめて実車に
遭遇すると圧倒されます。石山坂本線も華やかというか賑やかになったものです。
恥ずかしながら私は最近のアニメとか漫画は知らないので,どれもこれも同じに
見えてしまいます。ええ・・・立派なダサ親父になっております(笑)。

keisin (12)

でもオリジナル塗装の車両も見れますし,それ也に退屈はしないかと・・・。

keisin (11)

ナツカシの80形の復刻塗装をまとった700形がやって来ました。
ドハデなラッピング車を見た後だと,余計にシックな感じがしますね。

ks1

ううむ・・・やっぱり時代を感じます。

20180422 048

さて浜大津の隣りの三井寺駅から乗車して帰路につくことにしました。

keisin (13)

keisin (14)

石山坂本線もオール新塗装化される日も遠くないでしょう。

20180422 063

最後は三条でプレミアムカーを見て終わりです。




2018年06月24日

滋賀県の方へ用事で出掛けたついでに道草の途中下車・・・。
2時間ほどですが色々と撮影して来ました。

keisin (1)

四宮から乗車しました。車庫にはズラリと800系が並んでますね。
実は新塗装を実際に見たのは初めてですが,思った以上にマッチしてて似合ってます。

keisin (2)

 ”水の都” と書かれたHMを付けた従来塗装に乗って浜大津駅に到着です。

keisin (3)

毎度御馴染みの浜大津駅前の光景ですが,新塗装になっただけで不思議と
「京津もついに変わって来たんだなぁ~」 と思ってしまう私です。

keisin (4)

やはりこんな大きな(本線車両よりも小さいんですが)車体が併用軌道を走ると
迫力がありますね。観光客の方もスマホで撮影されてました。

814-2

今回も本当は車と併走してる所を撮りたかったのですが,この日は渋滞してて断念。
過去の画像を挙げときます。そういえばKマークって今は無いんですね?

keisin (5)

keisin (6)

石坂線からやって来たのは600形の標準塗装・・・もとい旧塗装になるんですかね?
昔の京阪ファンには懐かしいカラーです。しきりに撮影されてる方が居ました。
チョット前まで当たり前だった光景ですが,今じゃ貴重になりつつあります。

keisin (7)

こちらは700形新塗装。石坂線車両は ”系” ではなく ”形” と呼びます。
何だろう?そんなに新塗装も違和感なくなって来ました。慣れましたか?(笑)

浜大津付近へ来るのは随分と久しぶりだったんですが,付近の様子は然程
変わった印象はありませんでした。(むしろ以前のまんまっぽい)
やって来る形式も,いつもの見慣れた車両ばかりでしたので私には
”いつもの京阪電鉄京津線” という位置付けは変わりませんでした。

しかし後半ではその考えも・・・  と言う事で後編に続きます。

 

2018年06月16日

hankai (10)

hankai (11)

駅は廃止されましたが現在でも駅舎はそのまま残されています。
入居している店舗などに考慮したものでしょうね。案内板が以前と少し変わってました。

hankai (12)

hankai (13)

現在は駅舎を抜けるとすぐに駐車場へとなっています。
こぢんまりとしたプラットホ-ムが良い味を出してましたが,当然今は何もありません。

hankai (14)

hankai (15)

hankai (16)

ポイントの線路配置が楽しいホーム先端の様子でした。
脇にあった駅員詰所も懐かしいヒトコマですね。土地の形状だけが残りました。

hankai (17)

PB300053


hankai (18)

hankai (19)

20090518 022

あの時の楽しい思い出が甦りました。
どんなものでもそうですが,何気ない撮影記録でも歳月が過ぎると後で
撮ってて良かったなぁ~と思う事があります。リアルタイムで自分がその場所に
居たんだという記録と記憶がシンクロする瞬間ですね。

PB300054

今回も最後まで御付き合い,有難う御座いました。
 

2018年06月09日

今回は2016年1月30日で廃止となった阪堺電気軌道の
住吉公園前駅の付近を散策して来ました。過去の画像と見比べてみます。

それまで上町線の終点だった住吉公園前駅は大正2年に開業。
その後60年を経て老朽化も進み,改修を余儀なくされましたが
費用に莫大な金額が掛かる為,経営的な判断で廃止になったんだとか。

PB300017
 
hankai (1)

すぐ傍の上町線住吉駅から道路を渡ります。十字クロスが名物の撮影名所でしたが
現在は最初から何も無かった様にスッキリした線路配置になってます。
現在の画像の中央,奥に見える白い車が居る所に駅がありました。

hankai (2)

hankai (3)
         (上の画像の反対から撮影した様子です)

hankai (4)

hankai (5)

モ161が斜めに入線しています。道路を渡りきると直にホームがありました。

hankai (6)

hankai (7)

現在は主に駐車場になっています。線路の敷地の形状が綺麗に残ってます。

hankai (8)

hankai (9)

駅舎がある方向へもう少し進んでみました。
アーカイブ画像で左に見える駐車場が,現在は一体化されてます。
逆くの字に道が走ってますが,そこが線路だった訳です。

ここからは車両とのコラボ画像です。

166-8

P1030012

P1030034

この角度からの画像が殆ど無くて自分でも驚いてます。
たぶん撮り難かったのか,それとも何も考えて無かったのか・・・(汗)。


後編へ続きます。

 

来訪者さん
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
☆☆☆
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
  • ライブドアブログ