sigi (1)

近鉄大阪線の河内山本駅から分岐する信貴線は,その名の通り
信貴山頂へ続く信貴山口のケーブルカーに,接続している盲腸線です。
目的は信貴山頂にある,毘沙門天を本尊とする真言宗総本山朝護孫子寺
へのアクセスとして敷かれた路線で,いわゆる参拝鉄道の部類になります。

sigi (2)

この路線も間に1つだけ中間駅を挟む,小規模な支線になりますが
40‰の山岳路線を思わせる様な急勾配と,迫る山々とのコラボが
なかなか良い感じに演出してくれてます。車輌は1430系の2連。

sigi (3)

sigi (4)

sigi (5)

また山頂側から見下ろすと,眼下に広がる町並みを捕える事もできます。
単線電化区間ですので撮影角度とかが難しそうですが,工夫次第でしょう。
ロケーションはベストではありませんが,意外と色んな場所にあった印象です。

sigi (6)

15 (7)

終点の信貴山口駅では,そのままケーブルカーに接続しています。
寺へは西側ルートになり,東側と比べると少々遠回りになる様ですが
ハイキングや軽い登山気分で向かえば,きっと道中を満喫できるでしょうね。

朝護孫子寺といえば辺り一面,虎だらけで有名なお寺です。
阪神タイガースとも縁のある場所で,非常に面白いお寺であります。
1度参拝されてはいかがでしょうか?