hankyu (1)
            (注:画像はすべて3年前のものです)

現在急ピッチで高架工事が行われています同区間ですが,この橋も隣りに
新しい橋が架かり,もうまもなく?姿を消す事になるんだそうです。

hankyu (2)

その橋脚を見ると一部に,いかにも古めかしい円柱状のものが確認できます。

hankyu (3)

この橋脚は明治9年,国鉄の前身である官営鉄道時代に立てられたもので
明治の頃は,ここが官営鉄道(国鉄)の東海道本線の一部だった訳です。
撮影時ですでに135年も経過していたんですから,まさに鉄道遺産です。
1世紀を過ぎても尚現役だったとは,石造りは本当に頑丈ですよね。

hankyu (4)

この付近が高架化された頃には,懐かしのヒトコマみたいな扱いに
なっちゃうんでしょうね。現役時代の姿を記録しておいて良かったです。

いやいや。未だ未だ知られてない鉄道遺産ってあるんでしょうねぇ・・・
ここの橋梁は有名な方だったみたいですしね?。