whankyu (1)

whankyu (2)

私の青春時代の阪急電車といえば,マルーン一色の車両がズラリと
居たのが当たり前でした。唯一で言えば6300系くらいだったでしょうか?

whankyu (4)

8000系の登場は,私には少なからずセンセーショナルなものでした。
いわゆる額縁と呼ばれた前面窓と,白い鉢巻が標準装備になった井手達は
これからの阪急の顔になるのだと,思いましたしね。それから暫くして従来車
の更新されたものにも,鉢巻が巻かれて行く様になります。8000系も微妙な
変化を経て,続々と増備されて行きました。

whankyu (7)

そして9000系・9300系の登場です。8000系を更に進化させた様な
エアロパーツを思わせるフードを纏ったこれにも,かなり驚かされましたね。

whankyu (6)

whankyu (5)

最新型の1000系は私は未だ撮影した事がないのですが
現在は新旧取り合わせて,色んな御顔の阪急電車が見られます。
伝統のマルーンを継続されてくれるだけでも,嬉しいと言えば嬉しいのですが
全身がマルーン一色の新型車両は,もう登場しないんでしょうねぇ?・・・
未来の阪急電車は,どうなって行くんでしょうかね。

懐かしさを胸に,子会社の能勢電でも見に行きますか(笑)・・・。