2014年03月

2014年03月24日 22:32

20110515 (19)

JRを利用する度によく見かける381系 ”こうのとり” 。
G車が無いのと4両という最短編成なのか,いつ見ても変な違和感を覚えます。
大体,福知山・山陰で振り子電車は宝の持ち腐れです。あ,いえ・・・勿論
この列車に使用されている経緯は十分に理解してますけどね(笑)。

381sinano1

名古屋を拠点として発着してた ”しなの” も1往復だけが大阪まで
足を伸ばしてたのは今も ”ワイドビュー” に引き継がれてますけど
当時は381系といえば,凄く特殊で特別仕様の形式だと思ってました。

381kurosi1

381kurosi2

20111215 074

そのうち大阪(天王寺)にも381系が投入され,貫通扉のない100番台は
まさに ”くろしお” 専用と言う印象があって,この時は大阪に住んでて
良かったと改めて思ったりもしたもんです(笑)。しかしいざ乗ってみると
異様なくらいに揺れるわ,座席の前との間隔は狭いわで,正直あんまり
乗りたくない車輌だとも思いました(笑)。当時がいかにスピードアップを重視
していたのがよく解る,ある意味国鉄の実験的な存在だったのかも知れません。

20110515 (23)

”こうのとり” に使われてる国鉄色の381系を見てると,そんな複雑な
想いが自分の中で交錯します。考えてみれば自分の歴史と同じ時間を
過ごして来たのですから,これはもう人生の一部とも言えるのかも知れません。

後どのくらいこの姿を見る事が出来るんでしょうかね?



2014年03月23日 08:27

80

昭和37年に開館した交通科学博物館も,半世紀のお勤めを終えようとしています。
大阪在住の子供であれば,誰でも1度や2度は訪れた博物館だったでしょうね。

45

私が初めて訪れたのが確か,幼稚園の遠足だった記憶があります。
入ってすぐの場所に581系の輪切りがあって,月光の文字が入ってましたっけ?
別館の様な場所で,蒸気機関車の映画を観せられたのも覚えてます。
帰りは1人1人に,特急電車の正面がたくさん並んだ下敷きを貰いまして
セルロイドで出来たツルツルピカピカの下敷きが凄く印象に残ってます。
クニャクニャして遊んでたら,すぐにバキッと割れてしまっちゃって・・・(笑)。

57

55

やっぱり1番のお気に入りは,この広大な鉄道模型ジオラマでしたね。
照明が工夫されてて,運転中に朝昼晩と移り変わって行く趣向が良かったです。
シュミレーターにマイク付きのヘッドフォンをした係員が居て,解説する訳です。

「朝です。101系通勤電車が忙しく走ります」 「あ!次は80系気動車特急の登場」
「新幹線電車も走り出しました」 「夜は星の寝台特急ブルートレインが主役です」

いやぁ・・・テンションが上がりますよね(笑)。このジオラマを観た私は
家でプラレールを引っ張り出して来て,よく真似したものでした。

2

その後は何度ここを訪れた事でしょうか。基本的な展示物は変わらないので
そう何度も来ても仕方ないんですけど(笑),きっとこの博物館全体の雰囲気が
好きだったんでしょうね。何処と無く昭和っぽいというか・・・レトロっぽいというか。

博物館の車輌たちは,梅小路へ移転するだけなので無くなる訳ではありませんが
この独特の空気感や佇まいが消えてしまうのは,ちょっと切ないですね。
そういえば一部の車輌は老朽化や腐食が激しくて,持って行けない様な事を
聞きましたけど,どうなんでしょうかね?全部持って行って欲しいんですが・・・。

とりあえず。大阪でのお勤め御苦労様でした!


2014年03月22日 09:48

大変御無沙汰しておりました。管理人のYANチョに御座います・・・
もう本当に長らく放置状態でした鉄道サイトですが,この度ゆっくりとですが
更新を再開しようと思い立ちました。まぁ正直な所は今更,昔の様な熱い想いで
頑張ろうという感じではなく(笑)気ままに続けて行けたら良いなという程度の
ものでして,折角たくさん撮った画像や写真もそのままでは勿体無いですし
誠に勝手ではありますが,何より当時にお世話になったサイトやブログの方々と
また久しぶりに交流が持てたら良いなぁ・・・と純粋に思った訳なんです。

また時間的・経済的な事を考慮すると,過去の運営時の様な行動範囲も取れず
且つ時間的な制約も生じてしまいますので,随分と規模は小さくなると思いますが
好きな鉄道やそれに纏わる沿線の風景,歴史なども相変わらず好きですので
細々とでも良いので,続けて行けたら良いなと考えております。
たまたま立ち寄られた方がいらしたら,また気軽に覗いてやって下さいませ。

それと基本的にはサイト運営を軸に展開したいと思っていますが,早々に更新する
ほどのネタもありませんので,暫くはこちらのブログで随時更新させて頂きます。
こっちはつまんない雑談が多いかも知れませんが,また宜しくお願い致します。

今後とも長い目と温かい眼差しで(笑)御付き合い下さいませ。


                 YAN鐵夢想本線 管理人 : YANチョ



★ホームページには こちら からお帰り下さい。



来訪者さん
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
☆☆☆
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
  • ライブドアブログ