Yan鐵ブログ ミニ報告書

鉄道がメインですが,それ以外もやってます。

2014年06月

近鉄 3220系

kin (2)

近鉄の次世代一般車として知られるシリーズ21の各車ですが,この仲間も
色んな細やかな形式があって,正直どれがどれだか解りません(笑)。
しかしこの記念すべき第一陣としてデビューした3220系は,好きな車なんです。

kin (4)

他の形式と違って若干くの字になった前面デザインや,電気連結器がない密連。
また地下鉄車両を思わせる様な前面の非常扉など,この形式だけにしか
見られない特徴が色々あって,先発隊故のバリエーションの違いが楽しいです。

kin (1)

kin (3)

1番の魅力は,この奈良を連想させる様な古風なラッピングでしょうか?
最近ではアニメや萌え系のラッピング車も増える中,こう言った観光都市を
のPRを目的としたラッピングは,何故か硬派な感じがして好ましいです。

中でも一部の運用で来阪する3220系が良い感じで,難波駅にこれが来ると
特別な仕様の列車が入線して来た気がして,ちょっとテンションが上がります。
難波線にも来てくれたら良いんですけどねぇ・・・

 

上沼垂のグレードアップ車

kami (1)

1993年の撮影とありますので,21年前の写真になりますね。
塗り替えされた時はボン車には似合わんだろ~と,余り好きじゃなかったのですが
当時は全国的に塗色変更が盛んだった時代で,まだこの配色は爽やかな方です。
九州の真っ赤なボン車を初めて見た時は,ぶったまげましたもんね(笑)。

上沼垂の運用は ”雷鳥” では新潟行き限定でしたので解りやすかったです。

kami (3)

日本海縦貫線を青森まで走る ”白鳥” も,この上沼垂車でしたね。
確か晩年は国鉄色に戻りましたけど,ボン車の ”白鳥” は違和感ありました。
昔はボン車が充当される事なんか滅多に無かったですから・・・。

kami (4)

何故か私の撮った上沼垂車は,ボン車と共に1500番台が多かったです。 
北の大地専用で使われてた車輌を,大阪で見れるとは思いませんでした。 
しかもグレードアップ塗装になっちゃうとは,夢にも思いませんでしたね。

kami (2)

間合い運用の ”びわこライナー” でも使用されてました。
米原へこの車輌が行くんですから,ある意味で非常に貴重な記録ですね。

当時は単にミーハー感覚で,パシパシと撮影してただけなんですけど
何でも撮っとくもんですね~?今じゃ大阪の北陸特急はサンダーしか見れませんし。 

近鉄5200系

5155b

形式数が多過ぎて理解できない私でも,5200系だけは解ります(笑)。
今では通勤車グループの一員になってしまいましたけど,登場時は長距離の
急行運用専用として,特急に負けないくらいの風格が格好良かったです。

5100 (2)

そんな5200系もすでに26年もの歳月が流れてしまいましたが,この車輌が
もたらした功績は大きく,以後の転換クロスシート車の見本になりました。
独特の前面デザインとサイドの連続窓は,今見ても古さを感じさせませんよね。

5100 (1)

お気に入りの車輌でもありますので,たくさん撮ってたと思ったのですが
意外と少ないので,行き当たりばったりで撮影してると出会いも少ないのかも。

5100 (3)

好きな車両が現役のうちは,どんどん記録しておいた方が良いですよね。

 

18年前の高野線の車輌たち

img757

18年前だと1996年になりますね。ううむ・・・何とも中途半端な時代設定です(汗)。
”懐かしい” と呼べる画像なのかは,微妙なトコですがヨロシク・・・。

img756

img755

まずは30000系から。違いと言えば当時は未だ4両編成オンリーで
相方の31000系が居なかったので,スカート周りがスッキリです。
個人的には高野線のクイーンとしては,こっちの方が美人かな?

img758

関空開港が1994年ですので,両線共にすっかり新塗装化されてます。
今と殆ど変わらない井出達ですが,微妙な違い解りますかねぇ?・・・

img759

こちらは南海最古参の6000系。そういえば白い行き先表示幕でしたね

21000abc

そうです。この時は21000系が最後の活躍を見せた年でした。

21000ab

210007

ファンには不評だった新塗装の21000系ですが,使用期間が短かったので
今にして思えば,これはこれで南海らしくて良かったのかも知れませんね。
古豪と新塗装というアンバランスな取り合わせも,許せる様になりました。
流石に萌え系のラッピングは,私は趣味じゃないのでドン引きしますけど・・・(汗)。


 

近鉄2800系の前パン車

2812

2800系の異端児の1つ2812Fです。御覧の通り大型パンタで前パンです。
そもそも近鉄の通勤車は形式が多過ぎて,正直ナニガナンダカ訳が解らないのですが
撮影した時は 「お!前パン車ってあるんだなぁ~」 という感じだけで撮ってまして
後で調べてみると2800系の少数派だと解り,ちょっと得した気分に(笑)。

しかしその後は撮影に出掛けても,まったくと言って良いほど出会えません。
やっと1回だけ停車中の編成を見つけましたが,編成が逆で中ほどに・・・(涙)。

20080302 (19)

 いつも特に情報も持たずに出掛けるので,まず出会う確立は殆ど無いのですが
そんな条件下で出会えたら,その1日は何だか幸福になる気がしますね(笑)。
私は未だに下枠交差パンタよりも菱形パンタが好きです。
 
来訪者さん
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
☆☆☆
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
  • ライブドアブログ