Yan鐵ブログ ミニ報告書

鉄道がメインですが,それ以外もやってます。

2014年07月

京津線の準急があった頃

k (1)

京津三条から御陵までが地下化され,この80形も引退しようとしていた頃。
廃線前は色々と騒がしくなるので,それまでに撮影も何度か行ってました。

そんな80形メインで撮影してた時に,何の気なしに撮ってた700系だったんですが
考えてみると700系は乗降ステップが無いので,併用軌道上の停留場には停車
できなかった訳でして,この区間を準急で走ってたんですよね。

k (4)

信号待ちで東山三条停留場に停車していた準急三条行きです。
停車はしていますが,当然ドアは開きません。

k (2)

蹴上停留場に至る緩い坂を登る浜大津行き準急。付近には京都の名門
都ホテルがある場所です。この撮影を行った歩道橋も現在はありません。

k (3)

碓氷峠並みの急勾配を登って,九度山駅に入線して来る準急三条行きです。
現在の線路跡には車道が拡張され,立派な歩道も整備されています。
峠の雰囲気自体は今も大きな変わりはないですけどね。

他にも何枚か記録してあるのですが,残念ながら廃止区間のものはこれだけです。
当時は80形に夢中になってて,600系や700系ももっと撮っときゃ良かったです。




80系時代の ”南紀” と ”ひだ” 

dc80 (5)

dc80 (6)

dc80 (7)

dc80 (8)

1980年代半ばに大阪口から,姿を消した80系気動車でしたが
名古屋には ”南紀” と ”ひだ” が比較的,晩年まで活躍してくれてましたね。
”南紀” に関しては,最晩年のイラストマーク入りの4両編成を最後まで撮りに
行けなかったのですが,それまでに何枚か記録してあったので一安心です。
やっぱり80系気動車のマークは文字だけの方が私は馴染み深いです。

dc80 (1)

dc80 (2)

dc80 (3)

dc80 (4)

”ひだ” は80系気動車では,1番最初にイラストマークになった列車です。
確か80年代初頭に企画された,飛騨路キャンペーンの一環として
イラスト入りマークに変わった筈です。これに併せて名鉄の ”北アルプス” も
同じくイラストマークに変更されましたね。最初は違和感がありましたけど
後年には全てのDC特急がイラスト入りになったので,まさに元祖です。
名古屋~金沢の315.6Kmをロングランする運用も懐かしいですね。
因みに4枚目の写真は,地上時代の金沢駅に停車中の当列車です。


阪和線のクモハ103

kumoha103 (1)

kumoha103 (2)

先日所用で高石市の方へ行きましたので,ついでに寄って来ました。
もう2~3年ほど訪れてなかったんですが,延命車は相変わらず元気でした。
昔はクモニを魔改造したヤツとかも居て,それ也に面白かったもんです。
でもこの編成も今じゃかなり貴重な存在ですから,記録しておかないとね!。
しかしまぁ・・・いつ来ても,この路線は撮り難いったらありゃしない(汗)。

kumoha103 (3)

kumoha103 (5)

kumoha103 (6)

そういえば阪和線でも数少ない,クモハ入りの編成は今も健在なのでしょうかね?
西の現役103系といえば,前面が ”鉄仮面仕様” になっちゃっていますが
このクモハ103だけは昔ながらの細いピラーと,黒いHゴムが貴重な存在です。

kumoha103 (4)

大阪近郊線の墓場と言われ来た阪和線ですから,今も元気だと良いのですが
流石に103系も随分と数を減らして来てるみたいで,動向が気になります。
どなたか御存知の方が,いらしたら御指南頂けると幸いです。


 

琴電の生え抜き車輌たち

koto

koto (1)

koto (2)

高松琴平電鉄へ訪問した際は,必ずと言って良いほど出会っていた古豪たち。
無骨でリベットだらけの車体が好きで,見る度に惚れ々してましたっけ・・・
「これぞ地方鉄道の王様車輌だ!」 とさえ思ったくらいです。

しかし何度目かの訪問の際・・・季節は8月のお盆。
夏に琴電を訪れた初めての時で,移動の際に利用させてもらった時は
流石に 「こんな蒸し風呂みたいな車内だったんだ・・・」 と愕然と。

そういえば高松出身の知り合いが 「志度線は夏は地獄だよ~」 と嘆いて
いたの聞いて,大袈裟な奴だなと笑止してたんですが,この時ばかりは納得。
電車好きには我慢できるけど,本当に生活の足。通勤通学の足で利用してる
方には,これはもう辛いの一言だよなぁ・・・と心の底から思いましたね。 

そう考えると古豪の活躍も末永く・・・なんて簡単に言えないと思いました。
やっぱり利用してもらって,満足して頂く事こそが鉄道会社の在り方ですから。

koto (3)

まぁ,何でも旬が1番だって事でしょうかね(笑)。
 

懐かしの臨時列車(電車・列車編)

rin (4)

確か1983年頃だったでしょうか?名古屋駅まで撮影に出掛けた時に
臨時でやって来た ”しらさぎ51号” です。当時はボンネット車が運用に入る
のが珍しく,またイラストでない文字だけのトレインマークも珍しいかったです。

rin (11)

同じく名古屋駅です。見た目は普通の12系客車ですが,お座敷列車です。
広島運転所所属の 改造車ですね。未だジョイフルトレインの数も少なくて
この列車の様に,12系の内装を和式にした車輌が幾つかあったと思います。

rin (5)

こちらは米原駅で捕えた臨時の ”金星” です。機関車はユーロ色ですが
客車は普通の14系客車で,マークは ”臨時” となっていました。 

rin (10)

夏の定番だった20系を使用した臨時特急も懐かしいですね~。
大阪口では他に確か ”あかつき” ”日本海” があった様な・・・。
最晩年は急行落ちして,列車名称も変わりましたね。

rin (7)

rin (8)

ラストは1980年代前半によく運転されていたイベント列車 ”つばめ” です。
14系座席車にオシ14を連結した編成で,東京~大阪で運行されました。
当時でも各地の沿線は凄い撮影者の数で,色々話題を呼びましたね。
他にも ”はと” や ”平和” という名称で毎年運行されたのを覚えてます。
 
来訪者さん
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
☆☆☆
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
  • ライブドアブログ