Yan鐵ブログ ミニ報告書

鉄道がメインですが,それ以外もやってます。

2014年10月

関西線←→環状線乗り入れ運用

kansai (1)

kansai (2)

関西線に乗り入れるオレンジパーミリオンの201系の運用です。
ウグイス主体の関西線を異色の車両が走ると,何だかテンションが上がります。
もう随分と長い事撮影に行ってませんけど,今も元気に走ってますね。

kansai (3)

スカイブルーが残ってた頃は,特にワクワクしたもんです。

kansai (4)

kansai (6)

こちらは関西線からの車両ですね。4+4両の合体編成が好きです。
ウグイス色の103系は10年くらい前だと,昼間でも結構見れたりしましたけど
今じゃ随分と減っちゃいました。原型に近い103系は環状線では貴重です。

kansai (5)

そう言えばこの御顔の103系の乗り入れは,私は余り見た事がありません。
単に運が悪いだけなんでしょうかね?それか気を付けて見てないだけ?(笑)。
関西はまさに国電天国であります。良い意味でも悪い意味でもね・・・。
 

急行丹後

tango (2)

気動車急行としては比較的,遅くまで頑張ってました ”丹後” です。
全国的に数を減らす中,グリーン車を連結した長編成は貴重な存在でした。
私も廃止が決まる1年程前から,いそいそと撮影に出掛けてましたっけ。

tango (3)

tango (4)

tango (5)

活躍時は日本全国津々浦々と何処へ行っても,普通に見れた車両でした。
私の故郷でもある島根県西部でも,普通に急行にと様々な編成が見れたので
当時は見ても特に何も思わなかったものですが,こうやって写真を眺めると
色んなシーンのキハ58系の勇姿が思い浮かんで来ます。懐かしいなぁ・・・

因みに・・・

tango (1)

この写真が私が撮った ”丹後” の1番古い写真の様です。
京都駅の山陰線専用ホームに,未だ長い長いヤードがあった頃です。
今のホームとは全然違う眺めですが,広々とした構内がこれまた懐かしいですね。

 

阪急嵐山線の6300系

6300 (1)

6300 (2)

6300 (3)

2009年に嵐山線へ転属してから早5年以上が経ちました。
往年の名車を全廃させない,阪急さんの粋な計らいに感激してましたっけ。
置き換え当初に嵐山線を訪れたのですが,綺麗な車体が更に綺麗になって
まるで新車の様な姿になったのを見て,またもや感激(笑)。

6300 (4)

6300 (5)

しかしまぁ・・・沿線で撮影するには難しい場所ばかりで難儀しました。
駅周辺の名所史跡は有名でも,車両の撮影ポイントは殆どありませんもの。
そういえば嵐山線内での撮影記録って,意外と掲載が少ない気がしますね。

4両のミニマム編成になっちゃいましたけど,正面から見れば往年の
京都線特急と何ら変わりません。末永い活躍を願いたいものですね。

 6300 (7)

おまけは本線活躍時代の同形式です。 奥にも6300系が見えますね。

星の寝台特急ブルートレイン

               omoide (93)

彼此30年近く前に買った,今や懐かしい響きの ”ビデオソフト” です。
私が初めて買ったビデオソフトでもあります。発売元は鉄道ジャーナル社で
昭和50年代半ばくらいに活躍していた,寝台特急が登場しています。

収録時間は23分。お値段を見ると何と9800円と表示されてます(驚)。
今じゃボッタクリじゃないのぉ?と思える様な価格ですが,当時は未だ家庭用
ビデオデッキの値段も高かったですし,ソフトといえばレンタル屋さんで置いてる
のが主流で,個人で購入する人って,よっぽど好きな人くらいでした。

私の場合は,初めて買ったデッキが Hi-Fiステレオデッキ という奴で 
かなり高額でしたが無理してローンで買った記念に,このソフトも買った訳です。 

収録映像は当然デジタルではなくアナログでしたし,映画のフィルム画像の様な
何処となく粗くて,いかにも ”THE昭和” という雰囲気でしたが(笑)今観ると
物凄く懐かしいシーンばかりで,当時の空気感すら感じる様な感覚になりましたね。

丸坊主の中学生がダザイ帽子を被って(笑),安物のポケットカメラを手にして
駅から駅へと走り回りながら,特急や急行を追いかけてた記憶が甦ります。
今と違ってバラエティ豊かな車両がたくさんあって,1日居ても飽きませんでしたね。
そんな中でもブルートレインという存在は,私にとっては特別な存在でした。

 

阪急の行先表示板装備車を偲んで・・・

hankyu (3)

hankyu (1)

hankyu (2)

長い事,阪急の撮影に行ってなかったもので・・・ふと気付いてみると
もう行先表示板を装備した車両って,半年以上前に消滅してたんですねぇ~。
本格的に撮影に赴いた時には,御承知の通りすでに支線だけの運用で
「未だ置き換わるのは随分先でしょ?」 と,まったく実感が無かったのですが
いざ無くなってみると,阪急電鉄の1つの時代が終わった感傷に耽ってます。

hankyu (4)

hankyu (5)

そういえばこの板ですが,微妙に色の違うものがあった様な・・・。
何か理由でもあったんでしょうかね?まったくの無知男で御座います(汗)。
単なる制作した時期が違うだけだったりして?(笑)。

全線を通してもオデコに白い鉢巻を巻いてない車両も,随分減りましたね。
昔は6300系だけしか無かったので,特別な車両という印象がありました。
2扉車の特急という存在も,今じゃ特別に格が上がると言う訳でもないですし。

hankyu (6)

最後はオマケです。ううむ・・・やっぱり古いなぁ(笑)。
 
来訪者さん
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
☆☆☆
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
  • ライブドアブログ