Yan鐵ブログ ミニ報告書

鉄道がメインですが,それ以外もやってます。

2015年05月

P5120064
 
(注:画像はすべて過去に撮影したものです)


長い事,まともに撮影に出掛けてません(汗)。
お陰でJRに大手私鉄と,アチコチで終焉を迎える車両が出て来ています。
南海の7000系もその一員となってしまいましたね。ううむ・・・残念だ。

7001

8000系の増備が思った程は早くなかった印象を受けてたので,意外と何だかんだ
言いながら長生きするんじゃないのかな?・・・と勝手に思ってたんですが,やはり
来るべき日が来たという所でしょうか?更新工事を施したとは言え,昭和38年の
登場ですから半世紀以上も活躍してた訳で,いや本当によく働いてくれました。

私も20~30歳台の頃は仕事の都合で,嫌と言うほど南海を利用しました。
「シュルルル~ッ」 と言う音をたてて,大きな1枚扉が閉まる光景を何百回見た事か。

7001b

最後の餞として旧塗装に戻されるんだそうですが,南海さんらしい粋な計らいです。
私はイベント系の列車は撮らない主義ですので,たぶん行かないと思いますので
ここは1つ南海LOVEの義勇軍?の報告を待ちましょう。
事故やトラブルの無い,気持ち良い最後を迎えさせてあげて下さいませ。

御苦労様でした。

6001b


コッチは未だ大丈夫なのかな?・・・最後の1枚扉車ですね。


(お詫び)

最終回で重大なミスに気付きました。
国鉄時代とJR民営化後の写真が混ざっています(汗)。
たぶん似た様な年代に,何度か九州へ訪れていた為だと思われます。
・・・という訳で前編・中編の記事内容を変更してます。
申し訳御座いませんでした m(--)m



1ok (2)

1ok (1)

前回に続いて博多駅撮影の残りから。佐世保行きの ”みどり” です。
国鉄末期は単独編成もありました。昔は ”かもめ” と併結運転されている編成しか
なく200番台の御顔を見るには,肥前山口より西に行かないと無理でした。
こちらは国鉄時代の写真です。チラッと見えるJNRエンブレムが確認出来ます。

1ok (3)

場所を移動して下関駅にて。画像は全て国鉄時代のものと思われます。
豆色の400番台系の交直流近郊型電車です。当時は確か海を越えて
小郡(現:新山口)駅まで遥々顔を出していた運用もありました。
HMは白ですが,裏返すと確かタウンシャトルと書いてあったと思うのですが。

1ok (4)

待機線で待つEF66の ”富士” です。HMが富士山形に変わって間もない頃ですね。
マンモスの異名を取る貨物機がブルトレを牽くとは,夢にも思いませんでした。
まぁ昔から仲間内では 「あったら面白いのにね」 とは言ってましたけど(笑)。

1ok (5)

1ok (6)

1ok (7)

関門の短距離ランナーの面々です。先に引退したEF30も当然ながら現役です。
EF81よりも無骨なスタイルですが,個人的には大好きな機関車の1つでした。
九州は早くからHMを復活してくれてたので,撮り鉄には嬉しい配慮でしたね。

国鉄・JRと入り混じってしまいましたが,やはり九州の鉄道は昔から魅力的です。
ブルトレも消え特急車両も新しくなりましたが,今でも九州は好きな場所です。
機会があれば新幹線で再訪したいとは思ってるのですが・・・

長々と御付き合い有難う御座いました。


まずは民営化後の画像から3枚。

ok (9)

ok (10)

門司駅です。ブルトレ全盛の頃は定番の駅撮りスポットでありました。
”あさかぜ” を牽いているのはEF81の400番台ですね。

ok (11)

熊本駅の様に見えますが,どうでしょうか?・・・
水前寺行きの ”有明” です。当時は豊肥本線が非電化だった為,電源車になる
スハフ12を御供に従えての入線となりました。このDE10のカラーリングには
ぶっ飛びました(笑)。でも今見ると,これはこれで似合ってる気がします。
どうせならスハフ12の方も同じ塗色にすれば良かったのに・・・。

ここから国鉄時代です。

ok (12)

ok (13)

変わって場所は博多駅になります。
上は九州だけの存在であるキハ66・67系ですね。勿論復活カラーじゃありません(笑)。
下はキハ58系の ”サンシャイン号” です。713系のサンシャイン号は有名ですけど
気動車版もあった様です。当時はHMが珍しくて撮っただけでしたが・・・。

ok (14)

ok (15)

こちらはかなり狙って待ってました485系の ”かもめ” です。
御覧の通り,上越線で使用されていた181系の改造車で当時は話題を呼びました。
当時でも南国九州で元181系に出会うとは,夢にも思ってませんでした。

ok (18)

こちらも博多では御馴染みホームですね。 ”はやぶさ” のHMがピカピカです。
ううむ・・・やっぱり格好良いですね~♪



                                           (後編へ続く)








およそ30年くらい前だったと思います。
1人で九州旅行へ行った際に撮影した写真がたくさん
出て来ましたので,3回に分けて御紹介したいと思います。

尚。古い写真ですので,何処の駅で撮影したのか失念しています。
書いている駅名が間違ってる公算があります。御了承下さい。
御存知の方がいらしたら,教えて頂けると幸いです。
また国鉄時代とJR民営化後の画像が混じっています。御了承下さい。


まずは主に日豊線から。(画像は国鉄時代のものです)

ok (1)

ok (2)

これは恐らく西鹿児島(現:鹿児島中央)駅かと思います。
何てったって,この ”はやぶさ” に乗って,ここまでやって来たんですから(笑)。
基本編成の最後尾が25形の0番台ってのが,珍しいなと思って覚えてました。

ok (3)

ok (4)

これは確か都城駅だった様な・・・。上の画像の端に ”彗星” が写ってますね。
南国九州の照りつける太陽が,上手く表現された傑作のHMだと思います。
因みに私は更に古くて,1往復だけ残った80系気動車の ”にちりん” が好きでした。

ここからJR民営化後の画像です。確か分割化の1年後くらいだった様な・・・

ok (5)

その ”彗星” が入線して来るのを,ここで待ってた記憶があります。
晩年の単独時代の ”彗星” は,本当に悲しいくらいに短い編成でした。

ok (7)

ok (6)

移動して南宮崎駅かと。 ”富士” と言えば,長らく走行距離が日本一のブルトレ
でしたが,南宮崎駅で打ち止めになった時は,これまた悲しかったです。
この後にドンドン縮小されちゃうんですよね?時代の流れには勝てません・・・。

ok (8)

この日は宮崎で ”日南” に乗って,門司駅を目指す訳です。
画像はたぶん,到着後の門司駅で撮影したんだと思います・・・。


                                       (中編へ続く)


20150118 001

20090511 019

大阪環状線と言えば,オレンジ色の通勤電車が代名詞ではありますが
今じゃ関西線や阪和線からの乗り入れも多く,間合い利用で環状線として使用される
事も 日常茶飯事になってます。利用した際に221系に乗って,反対側のホームに
223系が停まっていると,ここは何処の線なんだろう?と錯覚しちゃいます(笑)。 

201200217 165

20140706 050

関西線の乗り入れは,私が小学生の頃にはいわゆる ”のの字” 運用がありました。
春日色と呼ばれる113系レッドライナーは,環状線では異彩を放ってましたね。

環状線の変貌は,やはり阪和線との直通運転が出来た事によるものでしょう。
この運用の誕生で,随分とオレンジ色の通勤電車が減った気がしています。
森之宮車庫のラインナップも随分と様変わりしましたし・・・。

ただ乗り換えなどが便利になった反面,少々詰め込み過ぎな印象のダイヤは
素人ながらも心配になります。繋がるって事は,全部の線区に影響が出る訳ですし。
まぁJR西さんも色々苦慮しながら,頑張ってらっしゃると思いますので
今後の展開に期待したいと思います。何と言っても大阪を代表する線区ですからね。 

個人的には鋼体車両が減って行くのは寂しい限りなのですが,これも時代の流れ。
ピカピカつるつるのステンレス車両にも,慣れないといけません(笑)。
 

このページのトップヘ