2014年03月23日 08:27

交通科学博物館の思い出

80

昭和37年に開館した交通科学博物館も,半世紀のお勤めを終えようとしています。
大阪在住の子供であれば,誰でも1度や2度は訪れた博物館だったでしょうね。

45

私が初めて訪れたのが確か,幼稚園の遠足だった記憶があります。
入ってすぐの場所に581系の輪切りがあって,月光の文字が入ってましたっけ?
別館の様な場所で,蒸気機関車の映画を観せられたのも覚えてます。
帰りは1人1人に,特急電車の正面がたくさん並んだ下敷きを貰いまして
セルロイドで出来たツルツルピカピカの下敷きが凄く印象に残ってます。
クニャクニャして遊んでたら,すぐにバキッと割れてしまっちゃって・・・(笑)。

57

55

やっぱり1番のお気に入りは,この広大な鉄道模型ジオラマでしたね。
照明が工夫されてて,運転中に朝昼晩と移り変わって行く趣向が良かったです。
シュミレーターにマイク付きのヘッドフォンをした係員が居て,解説する訳です。

「朝です。101系通勤電車が忙しく走ります」 「あ!次は80系気動車特急の登場」
「新幹線電車も走り出しました」 「夜は星の寝台特急ブルートレインが主役です」

いやぁ・・・テンションが上がりますよね(笑)。このジオラマを観た私は
家でプラレールを引っ張り出して来て,よく真似したものでした。

2

その後は何度ここを訪れた事でしょうか。基本的な展示物は変わらないので
そう何度も来ても仕方ないんですけど(笑),きっとこの博物館全体の雰囲気が
好きだったんでしょうね。何処と無く昭和っぽいというか・・・レトロっぽいというか。

博物館の車輌たちは,梅小路へ移転するだけなので無くなる訳ではありませんが
この独特の空気感や佇まいが消えてしまうのは,ちょっと切ないですね。
そういえば一部の車輌は老朽化や腐食が激しくて,持って行けない様な事を
聞きましたけど,どうなんでしょうかね?全部持って行って欲しいんですが・・・。

とりあえず。大阪でのお勤め御苦労様でした!


コメント一覧

1. Posted by Gero   2014年03月23日 21:19
こんばんは。

ちょうど私も交通科学博物館の記事を更新をしたところです。車両は残っても長く続いた弁天町の地から去るのはファンとして寂しいです。
最終日は無理として、次の週末にでも足を運べたらと思っているのですが・・・
2. Posted by Yanチョ@管理人   2014年03月24日 22:36
>Geroさん。

こんばんは。仰るとおり,車輌は移転するだけなんですが
交通科学博物館そのものも,私らには大事な思い出ですよね。
私なんかずっと大阪市内在住ですから,あって当たり前だと
思ってましたから,無くなると胸にポッカリ穴が開いた様で・・・。

まぁでも完全に消滅する訳じゃないので,京都には期待してます。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
来訪者さん
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
☆☆☆
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
  • ライブドアブログ