Yan鐵ブログ ミニ報告書

鉄道がメインですが,それ以外もやってます。

近況報告

能勢電鉄5100系

さてと。腰の具合もちょっとマシになって来たので
ボチボチですがブログも再開して行こうと思います。
・・・とは言え新鮮な画像は無いのですが(汗)

2017032615420000
            (5100系:妙見口駅にて)  


確か3月頃だったと思います。降りしきる雨の中,川西まで用事があった際に
たまたまこのカラーがやって来たので,意味もなく乗車したのを覚えています。

2017032615440000

2017032615430000

1500系が引退すると同時に登場した形式ですね。
個人的には阪急のOBが活躍するイメージがある能勢電・・・。
ですからマルーン一色がメインでも良いよな~と思ってたのですが
この塗色を見て地方鉄道っぽいカラーの演出もアリかな?と思いました。

2017032615420000

以前は往年の塗色が何時までも活躍する事を願ってましたが
独自のカラーや時世の流れに任せた風潮も,らしくて嫌ではありません。

どうも私は何故か歳を取るごとに懐古主義が薄れるみたいですな?
同世代の仲間が 「懐かしい」 を連呼するからかも知れません(笑)。 
・・・かと言って最新車両はよく解らないのですが(汗)。 

更新休止のお知らせ

お久しぶりです。

5月下旬より持病の腰痛が悪化してしまい
遂に椎間板ヘルニアになってしまいました。

現在は通院を続けながら何とかやっておりますが
鉄活動に関しては腰痛が酷く,まともに動けません。
必然的にPCに向かう気力もなく暫く更新できない状態でした・・・。

そんな訳で病気がマシになったら再開したいと思います。
また近況報告などが出来ればお知らせ致します。

ほんと・・・無理はいけませんね。 情けなや~・・・


kan4

京阪3000系



3000

3000 (1)

いわゆる ”新3000系” と呼ばれている形式ですね。
2008年の中之島線開業に合わせて登場したので,もう9年になりますか?
今は5年一昔と言いますから,大方二昔前の車両でしょうか。

京阪沿線に住んでいる割には意外と乗らない形式だったりします。
後続の新車も次々と登場していますが,今でもこの3000系を見ると
10年近くも経過してるのに 「京阪も変わったよなぁ」 と思ってしまいます。
それだけ以前のデザインの車両に慣れきってたんでしょうね。

3000 (2)

3000 (3)

京阪の車両が,このお顔で統一されるのは何時の事でしょうか?
まぁ未だ未だ先の事だとは思いますが,油断は出来ませんよね~
時などアッと言う間に過ぎてしまうものですから。
 

225系5100番台

225

225 (1)

今や大阪地区の ”顔” となりつつある225系です。
それにしても凄いバリエーション展開ですな・・・。
最近の仕様は先頭車に転落防止幌が付けられてる車両が増えて来ました。
この幌を見ると私はレレレのおじさんを思い出してしまいます(笑)。
せめて収納式とかにでもして欲しかったなぁ・・・

225 (2)

この6連は固定運用の為か,その幌が付いてないのでスッキリした印象です。
洗練されたスタイルなのですが,関西圏のJR・私鉄を含めて何だか全体的に
雰囲気が似て来てる様な・・・。私の気の所為でしょうかね?

阪和線も知らないうちに随分とお洒落になりました。
この鶴ケ丘駅も昔は地上駅でしたしね? 
 

きのくに(阪和)線の205系

205 (3)

先日久しぶりに,きのくに線の鶴が丘駅へ行く機会がありプチ撮影して来ました。
その時に乗ったのがこの205系でした。気付いてみれば,もうこの路線にしか居ませんね。

東海道線へ再就職かと思ったら,また出戻りで帰って来ちゃった不思議な電車です。(笑)
今までは国宝級の103系が普通に居たので,そんなに気になりませんでしたが
205系も1985年の登場ですから,車齢30年を越える大ベテランになってしまいました。

205 (1)

205 (2)

古豪103系のお勤めも,もはや時間の問題となって来ましたので
地味ながらでもこの205系の存在は,今後は往年の国鉄を偲ぶ事の出来る
貴重な存在になって行くんでしょうね。この無骨さが私は好きだったりします。

20520

上の画像は以前に活躍してた時の姿です。
車内と帯だけ追加されたんだと思ってたら,結構アチコチ変わってますね。

来訪者さん
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
☆☆☆
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
  • ライブドアブログ