Yan鐵ブログ ミニ報告書

鉄道がメインですが,それ以外もやってます。

雑談室

大阪環状線の不思議な陸橋

87179b50

丁度,下を南海汐見橋線(高野線)が通ってる場所で芦原町駅付近ですね。
架道橋としては特に変わった所はありませんが・・・

fa62354c

この架道橋の名前が ”高野電気鉄道陸橋” と書かれてあります。
高野電気鉄道は,今の南海高野線の前身にあたる鉄道会社なのですが
銘板にある竣工日の昭和3年と言うと,すでに合併され南海になっています。

ではそれ以前に作られたんでしょ?・・・いやいや。高野電気鉄道を名乗ってた頃は
未だ大阪方面どころか,高野山付近での工事の免許を取得しただけだったとか・・・。

当時の国鉄が何を思って銘々したのか?何か意味があるんでしょうか?
それとも単に勘違い??・・・んな訳ないか(笑)。

 

大阪環状線を考える

20150118 001

20090511 019

大阪環状線と言えば,オレンジ色の通勤電車が代名詞ではありますが
今じゃ関西線や阪和線からの乗り入れも多く,間合い利用で環状線として使用される
事も 日常茶飯事になってます。利用した際に221系に乗って,反対側のホームに
223系が停まっていると,ここは何処の線なんだろう?と錯覚しちゃいます(笑)。 

201200217 165

20140706 050

関西線の乗り入れは,私が小学生の頃にはいわゆる ”のの字” 運用がありました。
春日色と呼ばれる113系レッドライナーは,環状線では異彩を放ってましたね。

環状線の変貌は,やはり阪和線との直通運転が出来た事によるものでしょう。
この運用の誕生で,随分とオレンジ色の通勤電車が減った気がしています。
森之宮車庫のラインナップも随分と様変わりしましたし・・・。

ただ乗り換えなどが便利になった反面,少々詰め込み過ぎな印象のダイヤは
素人ながらも心配になります。繋がるって事は,全部の線区に影響が出る訳ですし。
まぁJR西さんも色々苦慮しながら,頑張ってらっしゃると思いますので
今後の展開に期待したいと思います。何と言っても大阪を代表する線区ですからね。 

個人的には鋼体車両が減って行くのは寂しい限りなのですが,これも時代の流れ。
ピカピカつるつるのステンレス車両にも,慣れないといけません(笑)。
 

今度は鉄コレで水間鉄道とな!?

mizuma1000

トミーテック鉄道コレクションから(2015年の2月末発売予定)。
何と水間鉄道の1000系が発売されるんだとか・・・。
腰のラインが何色になるのか解りませんが,独特のスカートが装着された
更新タイプの先頭車2両セットの発売となります。(オープンパッケージです)

mizuma1000 (1)

水間鉄道は個人的には,南海車両時代から数えると5~6回訪れてます。
東急の車両に変わった時は少々ガックリ来たもんですが,何度も見てるうちに
「これはこれでアリだよなぁ~」 なんて思う様になって,このいぶし銀の様な
ステンレス車両に,今では良い感じで好きな車両になってます。

mizuma1000 (2)

何と言っても,関西で唯一の東急7000系のお下がりですから貴重です。
個人的には更新前の方が,より東急らしくて好きなのですが,よもやこんな
マイナーな車両が模型化されるなんて,凄い時代になったもんです。

まぁ7000系は流用車が多いので,そのうちに出るんだろうなぁ・・・なんて
思ってたのですが,それでもきちんと決定となると嬉しいものですよね~。

しかし私がこの1000系だけを持ってても仕方ないしなぁ・・・(汗)。
幾らマイナーだからと言って,それだけの理由で買うのもなぁ・・・。

mizuma1000 (3)

こっちのお顔も出てくれたら,かなりグラ付いて来るんですが・・・。
まぁ未だ時間はありますんで,じっくり考えましょうか。


 

男の子の定番アイテム トミカ

025-201409061216_1

トミカは歴史が長いので,私が赤ん坊の頃からの遊びアイテムでした。
当時の男子なら必ずと言って良いほど,皆が数台は所持していたと思います。
私が最初に自分の小遣いで買ったのが,フェアレディZでした。確か茶色で
240ZGというタイプで,ライトケースに透明のカバーが付いてるやつでした。

他に所持車の中で覚えているのは,メタリックグリーンのマスタングマッハ1や
何故かピンクのロータスヨーロッパに,リンカーンコンチネンタルを持っていて
その何れも私のお気に入り車でした。室内は勿論の事,公園の砂場とかで
ガシャガシャいわせて遊んでたので,色は剥げてボロボロの状態でしたけど
トミカというアイテムはそう言うものだと思ってたので,特に気遣いは無かったです。
扉やボンネットが開くギミックがありながら,大変丈夫な玩具だったので
飽き性の私にしては,意外と長く玩具箱の中にあったアイテムでしたね。

img60026281


誕生日のプレゼントで,トミカパーキングという立体駐車場を買ってもらった
のをよく覚えています。画像の物とはデザインが違いますが,電動で最上階まで
上がって行って,螺旋状になった購買を駆け下りる機構が大好きで,何度も
遊んだ記憶があります。確か1階にはGSがあって,ハンドルを回すとチンチンと
音が鳴って針が回る給油装置が付いてたり,ジャッキで持ち上がる床で
整備が出来る機構など,当時でも結構凝っていた事に驚かされます。

高校生くらいまでトミカを50台近く持ってましたけど,親戚の子にあげたり
壊れて廃棄したりで,いつの間にか全部無くなってましたね。
今じゃ手に入らない車種もたくさんあったのですが,後の祭りという事で(笑)。

私の初プラレールはですね?

img61136800 (1)
突然ですが,皆さんの初プラレール車輌は何だったのでしょうか?
私は小学1年生の時に,国電の101系がファーストコンタクトでした。
画像は103系の高窓運転台車ですが,当時は未だ実車も101系が活躍
していて前面は丸い大きな一灯ライトで,グロベンだけの非冷房車・・・。
しかも何故か色は,関西には馴染みの無いエメラルドグリーンでした(笑)。 

これは実は私が好んで買って貰ったものではなく,親戚の兄ちゃんから
貰ったものでして, いわゆるお古というやつです。他に地下鉄丸の内線の
赤い有名な車輌と何故か鼻の頭が赤い(笑)新幹線があったのを覚えてます。ht012820
線路は段ボール箱いっぱいに,グチャグチャに入ってたのですが
踏切ありのトンネルありので,組んで行くと結構な規模のレイアウトになりました。
中でもヤードを構成できる扇状の分岐がたくさんついた,大型のポイントが
大好きでクネクネと車体が曲がって行く光景に,妙にリアリティを感じてました。

しかし私の場合はここから拡張も無く,また車輌も増える事はありませんでした。
子供のくせに,電池でビュンビュン走って制御できないのが不満だったのと(笑)
レールを片付けるのが凄く面倒だったので,意外と嵌らなかった様です。

結局最後は更に小さな親戚の家へ回される様に,転属されて行きました。
よく鉄道模型をしてる人は,最初はプラレールから入って順に格上げする
みたいな事を聞きますが,少なくとも私は繋がりは無かったみたいですね。

むしろその頃はトミカに嵌ってて,そちらは一大勢力となる訳です。
トミカの巻は次回の更新で綴りたいと思います。
 
来訪者さん
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
☆☆☆
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
  • ライブドアブログ