Yan鐵ブログ ミニ報告書

鉄道がメインですが,それ以外もやってます。

カテゴリ: 鉄道番外編

kan

昔からある毎度御馴染みの標識ですが・・・
2016年現在で蒸気機関車のイラストは流石に時代遅れかと思うのですが。
いや山口線とかなら返ってリアルな標識ですか?(笑)。

kan (2)

こちらもよく見かけるタイプですね。
両運転台の単行電車も都会では不自然ですが,まぁセーフでしょう。
しかし撮影したのが阪堺なので車両的にはちょっと・・・。
パンタが乗ってるくせに床下には何も無いという不思議な電車です(笑)。

kan (1)

うむ。こちらの方が路面電車の形状に近そうですね。

kan (3)

これはかなりマニアックな標識です。
DL好きの私にはもう涙モノのデザインです。

改めて見てみると色んな標識があるもんですね~?
・・・ってな訳で出先で見つけたら,色々撮る様にしてます。

20150610 042

はい。南海さんのお次は阪神さんで御座います。

hn13

7861・7961形も南海ズームカー同様,一時期は追っかけ回した車両の1つです。
西大阪線から難波線になるまでの間,この赤胴車を何度撮影しに行った事か・・・。
この純然たる ”昭和の阪神顔” が大好きで,惚れ込んでましたね。

20150610 039

20150610 041

こちらも随分前に限定で発売されたのですが,阪神の通販部で未だ在庫アリだとか(汗)。
うう・・・私の好きな車両ってのは,何故いつも売れ残ってるんでしょうかねぇ?複雑。
まぁそれは兎も角。南海同様,こちらも非常に良く雰囲気を捉えております。
ズバリ西大阪線仕様にしたい所ですが,製品の車両と西大阪での編成が微妙に
違うのと,相棒の省エネ車が製品化されてないので4連にするか悩んでます。

20100312 062

まぁ武庫川線の運用も好きですし,模型の世界では変な拘り無しで楽しむのも
良いか・・・って感じで思ってますので,たぶんあと1セット買うんでしょうね。

うむ。やっぱり阪神顔はこれでなくっちゃね!
 

tn (2)

今更ではありますが,久しぶりに鉄道コレクションを買って来ました。
所用がありまして南海電鉄の難波駅を利用したのですが,たまたま(本当に偶然)
2階のサービスセンターの横を通り過ぎた時に,これが目に留まりまして(笑)。

これって事業者限定品で,昨年の夏に発売されたものです。
確か限定5000セットだった筈ですが,今もフツーに売られてまして・・・(笑)。
買ってしまったという訳です。

201100803 023

私は知る人ぞ知る ”汐見橋線” 追っかけマニアで御座いまして
もう彼此10年近く,その動向や運行状況をカメラに収めて来ています。
サイトは こちら (今は休止中ですが・・・汗)

それほどに入れ込んでいる路線ですから,発売当時は相当に悩んだ訳ですが
結局は高いと思って買わず・・・。しかしほぼ1年後に偶然とは言え,出会って
しまったのですから,もう今度は躊躇してはいけません。そんな感じです(笑)。 

tn (3)

tn (4)

製品レビューは今更なので詳しくは書きませんが,よく特徴を捉えてますよね。
うんうん・・・10年間の色んな事が思い出されてグッと来てしまいます・・・(涙)。
私の中の鉄道模型の買い方って,これが本来のものだと思いましたね。
やっぱり心底好きな物を買えたという部分は,何にも変え難いです。はい。

tn (6)

ええと・・・ついでに何故か旧色も買ってます(笑)。
これも味があって好きですし,在庫があったもので 「ええい!」 です。

tn (7)

それにしても,この形式ってそんなにマイナーなんでしょうかね?
南海ファンには欠かせない脇役ですので,まさかの入線に自分で驚いてます。
さてと・・・どう言う具合にグレードアップするかな・・・。

tn (1)

こんなお洒落な袋に入れて頂きました♪。



               omoide (93)

彼此30年近く前に買った,今や懐かしい響きの ”ビデオソフト” です。
私が初めて買ったビデオソフトでもあります。発売元は鉄道ジャーナル社で
昭和50年代半ばくらいに活躍していた,寝台特急が登場しています。

収録時間は23分。お値段を見ると何と9800円と表示されてます(驚)。
今じゃボッタクリじゃないのぉ?と思える様な価格ですが,当時は未だ家庭用
ビデオデッキの値段も高かったですし,ソフトといえばレンタル屋さんで置いてる
のが主流で,個人で購入する人って,よっぽど好きな人くらいでした。

私の場合は,初めて買ったデッキが Hi-Fiステレオデッキ という奴で 
かなり高額でしたが無理してローンで買った記念に,このソフトも買った訳です。 

収録映像は当然デジタルではなくアナログでしたし,映画のフィルム画像の様な
何処となく粗くて,いかにも ”THE昭和” という雰囲気でしたが(笑)今観ると
物凄く懐かしいシーンばかりで,当時の空気感すら感じる様な感覚になりましたね。

丸坊主の中学生がダザイ帽子を被って(笑),安物のポケットカメラを手にして
駅から駅へと走り回りながら,特急や急行を追いかけてた記憶が甦ります。
今と違ってバラエティ豊かな車両がたくさんあって,1日居ても飽きませんでしたね。
そんな中でもブルートレインという存在は,私にとっては特別な存在でした。

 

2000 (3)

発売日は未定ですがマイクロエースさんから,2000系の模型化が決まりました。
それにしても2000系とは,かなり思い切ったチョイスですなぁ・・・。
しかも何故か1次車でなく2次車なのが凄い(笑)。本線で活躍する仕様を
前提にしているみたいで,ちゃんと2扉車のシールも付属の予定らしいです。

個人的には旧塗装バージョンも一緒のリリースなら,尚喜ばしいのですが
新塗装でも古くは21000系や,22000系との混成編成などもありましたから
鉄コレのそれを持ってる方には,本当に待望の模型化ではないでしょうかね? 

そんな訳で実車の画像を探したのですが・・・

2000 (1)

2000 (2)

何故か出て来るのは2002Fばかり・・・。意識して撮ってないのもあるんですが
後は2次車以降だったり2001Fだったりと,何故か2次車は2002Fが多いのです。

2000 (4)

唯一撮れてたのが,この1枚だけでした。 嫌われてるのかなぁ・・・?
それにしても2000系って7次車まであるんですが,1~4次車までの区分けの
細かい事。オバカな私にはもう何が何だか訳が解りません・・・(汗)。

さぁ南海ファンの方は,お近くの模型店に予約でGOだ!!(笑)。 
相変わらず高過ぎて私には無理なので,皆様宜しくお願いします。
 

このページのトップヘ