懐かし画像

2015年08月21日

iga (60)

iga (79)

伊賀鉄道の運用車両と言えば,現在は元東急車輛へ置き換えられています。
ただ私の中では,今だに近鉄の小型車が走ってるイメージがあるんですよね?。
・・・と言うか。 私的には ”近鉄伊賀線” という呼び名の方が馴染み深く
未だ車両がマルーン1色だった頃に,何度か撮影に訪れた記憶があります。

iga (55)

iga (39)

伊賀鉄道に移行してから訪れた際は,近鉄の小型車が派手なラッピングを纏って
田園の中を走る姿を見た時に 「嗚呼。もう近鉄伊賀線じゃないんだな」 と感慨深い
気持ちになったものでしたが,今じゃその元近鉄車両たちも居ません。

iga (50)

元東急車両と伊賀鉄道の取り合わせってのが,脳内でイメージ出来てなくて
未だ行けてないのですが数年も経てば,これはこれで趣きのある路線になる事でしょう。

秋になったら1度訪れてみようかなと考え中です。




2015年08月02日

2600

今更ではありますが・・・やはり京阪電車はこのカラーが1番しっくり来ます。
完全新塗装化してしまってからは,撮影にも出掛ける機会が減りましたが
現実で仕方ないとは言え,何処かで新塗装に抵抗があったのかも知れませんね。

2600 (1)

2600 (2)

2600 (3)

特にお気に入りは2600系の初期車群です。
名車2000系スーパーカーを利用した車体は,これぞ京阪というスタイルで
私が子供の頃から1番良く知っていて,馴染みのある車両だったりします。

何と言ってもこの2600系特有の,無駄にたくさんあるパンタグラフ(笑)編成が
好きで,嘗ての宇治線や交野線に何度も通ったのを思い出します。

Nゲージ模型で製品化すると,もう感激で何両も買っちゃうかも知れません(笑)。
マイクロさんかGMさんくらいが濃厚なのですが,どっちも高いしなぁ・・・







2015年06月13日

2200&2230系の全形式画像です。
今回は22000系の面影が残る2200系から。

2201

2251

2201F+2251F。 
現在のトップナンバーで1次車ですが,元々は22005F+22006Fでした。
22000系のトップナンバーは廃車されたんですよねぇ~・・・

2202

2252

2202F+2251F。
こちらも1次車からの改造で元は22007F+22008Fでした。

2203

2253

2203F+2253F。
はい。御存知の通り ”天空” の種車になった車両です。
2208F+2258Fに改番されましたので,3番の数字は消滅しちゃいました。

この3編成。 何か違いがないかなぁ?・・・と目を皿の様にして見つめたの
ですがまったく同じに見えます・・・ってそりゃそうでしょう(笑)。
補修の際の ”継ぎ目塗装” が若干違うくらいでしょうかね?


                                        (つづく) 

2015年06月10日

20150610 042

はい。南海さんのお次は阪神さんで御座います。

hn13

7861・7961形も南海ズームカー同様,一時期は追っかけ回した車両の1つです。
西大阪線から難波線になるまでの間,この赤胴車を何度撮影しに行った事か・・・。
この純然たる ”昭和の阪神顔” が大好きで,惚れ込んでましたね。

20150610 039

20150610 041

こちらも随分前に限定で発売されたのですが,阪神の通販部で未だ在庫アリだとか(汗)。
うう・・・私の好きな車両ってのは,何故いつも売れ残ってるんでしょうかねぇ?複雑。
まぁそれは兎も角。南海同様,こちらも非常に良く雰囲気を捉えております。
ズバリ西大阪線仕様にしたい所ですが,製品の車両と西大阪での編成が微妙に
違うのと,相棒の省エネ車が製品化されてないので4連にするか悩んでます。

20100312 062

まぁ武庫川線の運用も好きですし,模型の世界では変な拘り無しで楽しむのも
良いか・・・って感じで思ってますので,たぶんあと1セット買うんでしょうね。

うむ。やっぱり阪神顔はこれでなくっちゃね!
 

2015年05月31日

P5120064
 
(注:画像はすべて過去に撮影したものです)


長い事,まともに撮影に出掛けてません(汗)。
お陰でJRに大手私鉄と,アチコチで終焉を迎える車両が出て来ています。
南海の7000系もその一員となってしまいましたね。ううむ・・・残念だ。

7001

8000系の増備が思った程は早くなかった印象を受けてたので,意外と何だかんだ
言いながら長生きするんじゃないのかな?・・・と勝手に思ってたんですが,やはり
来るべき日が来たという所でしょうか?更新工事を施したとは言え,昭和38年の
登場ですから半世紀以上も活躍してた訳で,いや本当によく働いてくれました。

私も20~30歳台の頃は仕事の都合で,嫌と言うほど南海を利用しました。
「シュルルル~ッ」 と言う音をたてて,大きな1枚扉が閉まる光景を何百回見た事か。

7001b

最後の餞として旧塗装に戻されるんだそうですが,南海さんらしい粋な計らいです。
私はイベント系の列車は撮らない主義ですので,たぶん行かないと思いますので
ここは1つ南海LOVEの義勇軍?の報告を待ちましょう。
事故やトラブルの無い,気持ち良い最後を迎えさせてあげて下さいませ。

御苦労様でした。

6001b


コッチは未だ大丈夫なのかな?・・・最後の1枚扉車ですね。




来訪者さん
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
☆☆☆
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
  • ライブドアブログ